高校留学で得られる経験

お子さんの英語教育に力を入れている親御さんの中には、海外留学を視野に入れている方もいらっしゃるのではないでしょうか。インターナショナルスクールや英会話塾、家庭内での英語学習など、国内にいながらにして英語語力を伸ばす手段は多くあります。一方で、海外に身を投じ現地の学生と共に学ぶことで、語学習得以上の恩恵を得られることも確かです。
今回は、海外留学をご検討の親御さんに向けて、高校留学の特徴や利点を具体的に見てきます。
 
○なぜ留学?
最初に触れたいのは、そもそもなぜ海外留学をすべきか、ということです。「バイリンガル」であることには、二カ国語以上を扱えるということと同時に、異なる文化や考え方を理解する広い視野を持っていることも要素に含まれます。海外留学は、まさにそうした視野を得るのにこれ以上ない経験です。また、慣れない生活環境で友人関係を一から構築する中で、精神的にも鍛えられます。将来的には、海外生活で得た適応能力や国際感覚が多くの企業で重宝され、就職活動で有利になることも期待できるでしょう。
 
○なぜ高校留学?
多くの親御さんは、大学からの留学がベストだと考えています。分別がつき、自己管理が十分にできるようになってから行かせたい、日本の歴史や文化などをしっかりと学んでから行かせたい、という声が多く聞かれます。しかし、高校留学には大学留学とはまた異なった利点があります。
 
まず、大学は往々にして学校制度が横断的に統一されていることが多いのに対し、高校は国や地域によって制度の違いがあり、その土地独特のユニークな体験ができることです。必修や選択科目も学校によって違いますし、学校主催のイベントもそれぞれ個性が際立っています。例えば他の英語圏には見られないアメリカ特有のイベントとしては、日によって特別なドレスコードがあったり、フットボール観戦、プロム(ダンスパーティ)などがあったりします。
 
次に、高校留学は奨学金を得られる可能性高いという利点もあります。大学生留学生と比べて未だ数が少ない高校生留学生は、奨学金等の補助を受けられるチャンスが高くなります。また、大学と比べて高校の学費は高額ではないことから、経済的な負担も軽減できると言えるでしょう。
最後に、高校の多感な時期に異文化に触れることは、大学留学以上に強い影響力を持つと言ってよいでしょう。ある種、確固とした自分の考えが固まる前の柔軟な時期に海外に身をおくことで、より広い世界に目を向け、自分自身についても深く考察するようになります。
 
英語力だけで考えると、日本で身につけることは十分に可能です。しかし、高校時代に直に外国の文化に触れ、体感することは後になっても忘れられない唯一無二の体験になることでしょう。お子様の意思も尊重しつつ、是非高校留学にチャレンジしてみて下さい。