Q.赤ちゃんと英語を楽しめる方法ってありますか?

 

こんにちは!ホームリンガルティーチャーのダニエルです!
 
0~3歳のお子さんを持つお父さんお母さん、この時期のお子さんは「耳の黄金期」とも言われ、耳の機能が急激に成長することをご存知ですか?
この期間に英語に触れる機会をお子さんに与えてあげると、自然と英語が聞き取れる耳を育てることができるのです。まだ言葉は話せなくても、日々親御さんが英語で語りかけることで、突然英語を話し出す赤ちゃんもいます。最初は赤ちゃんからの反応がなくて虚しさを感じるかもしれませんが、積み重ねが後に大きな効果となって現れます。
今日は、0歳から始められる、お子さんと英語を楽しむ3つの方法を紹介します。

 

  1. 日常のお世話に簡単な英語を取り入れてみましょう!

英語のテレビ番組や動画を見せること以上に効果的と言われているのが、お母さんの語りかけです。お母さんが毎日赤ちゃんにかけてあげる言葉が、赤ちゃんの発語の芽を育てます。気になる英単語やフレーズがあったらそれをメモしておき、赤ちゃんとの日常生活に積極的に取り入れてみましょう。
最初は簡単な単語からで大丈夫です。例えばミルクや離乳食をあげるときに“here you are”と言ってみたり、次第に赤ちゃんが物を掴めるようになり、お母さんに何かを渡してくれたときは“thank you”と言ってみたり。高い高いをする時に“up and down”と英語で言ってみてください。このように、ジェスチャーをするタイミングで英語を発するのがポイントです。まだ言葉を話さない乳児期は音やジェスチャーでコミュニケーションを取ろうとするからです。
無表情で淡々とこなすのではなく、愛情を込めて毎日同じ言葉をかけてあげてくださいね。

 

  1. 英語の歌と絵本の読み聞かせを積極的に行いましょう!

赤ちゃんは、言葉が分からないうちは絵を通じて内容を理解しようとします。絵本はイラストが大きくて色彩がはっきりしているものを選び、出来るだけ言葉との関連づけが容易になるようにしましょう。赤ちゃんは絵本の猫のイラスト見ながら“cat”という言葉の意味を理解します。逆に、“cat”と聞いた時には以前見た猫の絵を思い出しているのです。こうして思い出したり、想像したりするうちに脳が活発化して育っていくのです。

もう一つは歌を一緒に歌うことです。最近では、ユーチューブでも英語の歌が沢山載っているので、アクセスしやすいですね。赤ちゃんは同じ歌を何度も聞くうちにハミングをするようになり、次第にサビを歌い出したり、歌詞を口ずさむようになりますよ。

 

  1. おもちゃを使って手を動かしながら覚えましょう!

脳は、実際に体験したことを記憶しやすいといいます。映像を見る、聞くだけではなく、実際手で触れたおもちゃを通じて英語に触れる方が吸収しやすいということです。
例えば、体のパーツを学ぶなら、人形やぬいぐるみを使うのが良いでしょう。“where’s the nose?”“can you point her nose?”のように一緒に鼻を指さしたり、お医者さんごっこを通じて覚えていったりするのがいいですね。他にも、例えば数字の練習であればブロックのように掴みやすいおもちゃを使ってみましょう。“how many?”“let’s count together! 1,2,3,4,5..” のように、一緒に英数字を覚えてきます。2つの入れ物を用意して、数を指定しながらおもちゃを一方から一方へ移動させるのも良いですね。

 

 

赤ちゃんは自分の置かれている環境から学び始めます。お父さんお母さんが英語を身近に感じられる環境を作って、お子さんと一緒に英語を楽しんでしまいましょう!
決して身構えたり、プレッシャーに感じたりすることなく、楽しめることから気軽に日常のお世話に英語を取り入れてみてくださいね♪