Q.子どもに早くから英語を習わせておいたほうがいいの?

 

こんにちは!ホームリンガルティーチャーのダニエルです!

お子さんにいつから英語を学ばせるのが良いのか、お悩みのお父さんお母さんは沢山いらっしゃるのではないでしょうか。今日はこのトピックについて私の考えをシェアしたいと思います。

 

私としては、早くに学習を始めることが、お子さんの英語習得に有効であると考えています。

現に、数々の研究によって、6,7歳以下が第二言語を取得する能力のピークと言われ、思春期を過ぎるとその能力は低下し始めることが分かっています。また、小さなお子さんは、大人より新しい音を真似する能力や、ネイティブの発音に適応する能力が優れていると言われています。「ゴールデンタイム」とも言えるこの幼児期を逃してしまうのは、とても勿体ないことだと私は思うのです!

 

実際に、ホームリンガルでも3歳頃から英語の教育を受け始めるお子さんが増えています。「まだ小さいのに、そんなに勉強を強いて大丈夫?」と思われる親御さんもいらっしゃるかもしれません。でもレッスンの内容としては、歌や本、アルファベットとフォニックスを通して遊びながら英語に親しむもので、以降の学習の基礎を築くものが主です。また、アクティビティや先生との密なコミュニケーションを通じて、認識力や問題解決スキル、創造性を幼い頃から発掘することができます。

 

また、今後ますます多様化する社会において、複数の外国語を話せる人材への評価が高まってくることは必至です。実は、一度外国語を学習したことのある人は、言語取得に必要なプロセスやスキルを持ち合わせているため、次の言語習得が容易になると言われています。

 

私自身も2歳でバイリンガルな環境におかれ、中学から3つ目の言語を学び始めました。その際、両親が早くから私を英語スクールに通わせてくれたり、日常会話に英語を取り入れてくれたり、当時流行りの英語番組(Barney & Friends, Sesame Street, The Power Puff Girls)やディズニー映画(プリンセスが好きだったのでCinderellaやSnow whiteのDVD)を見せてくれたり、英語の本やおもちゃで遊ばせてくれていたりと、とにかく沢山、まるで英語を“浴びるように”吸収し、発信する機会を与えてもらいました。この経験があったからこそ、今でも複数言語を話せることを強みに、様々な活躍の場を与えていただいています。

 

お子さんに英語を学ばせるのに、決して早すぎるということはありません!今後益々グローバル化、多様化が進む中で、英語を早くから習得することでお子さんの見える世界も広がっていくことでしょう。さぁ、今からでもご一緒に英語を始めてみませんか?♪