英単語から英語の世界が広がる!子供向け無料アプリ&カード

 

 

 

 

新型コロナウィルスの影響で英会話スクールが閉鎖してしまい、お子さんの英語学習も停滞中…というご家庭も少なくないのではないのでしょうか。以前レッスンで学んだ英単語を忘れちゃったのでは?と心配になりますよね。またオンライン英会話を始められたというご家庭も、知らない英単語が続くとお子さんの集中力がもたない…なんてこともあるのではないでしょうか。確かに英単語は、英語学習における一つの「壁」と言えます。でも、言葉の意味が分かると英語の絵本や歌をネイティブのように楽しめるようになりますし、知っている英単語が増えれば増えるほど、当然英語で楽しめるコンテンツの幅も広がります。そう、単語学習はぜひ越えて頂きたい「壁」なのです。
というわけで、今回はデジタルとアナログの両方から、ご自宅で取り組める英単語学習のツールをご紹介します。単語学習は工夫次第!遊びの要素を取り入れて楽しみながら取り組めれば、自然と言葉を覚えていた!なんてことも夢ではありませんよ。

 

 

お子さんの英単語学習におすすめの無料アプリ5選

英語学習用アプリはたくさんありますが、お子さんが楽しめるものには何があるのでしょうか?ここからは、ホームリンガル事務局のスタッフが使ってみて、実際に使いやすいと感じたアプリを5つご紹介します。使い勝手がイメージしやすい動画も紹介していますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

小さなお子さんにおすすめ!Fish School

紹介動画はこちら↓
https://www.youtube.com/watch?v=Dv7ktlyqTxE

 

キュートな魚達が揺れながら泳ぐ姿になんだか癒される…というお父さんお母さんもいらっしゃるかもしれません。画面をタッチすれば、魚が泳いでAlphabet・Numbers・Shapesの形を教えてくれるというシンプルな設計なので、2歳頃の小さなお子さんでも十分に楽しめます。“Differences”ゲームでは、色やサイズが他と違う仲間はずれの魚を追いかけるのに、お子さんもきっと夢中になってくれるでしょう。” Yes, that fish is not pink, it’s blue!” なんて相槌を入れながら、上手に見つけられたお子さんをほめてあげましょうね。

シンプルで操作しやすい!British council Learning Time with Timmyシリーズ

紹介動画はこちら↓
https://www.britishcouncil.org/english/timmy/apps

 

英国大使館が提供している、子供向け英語学習アプリです。アイテム探しや風船割りゲームで遊びながら、色や数字、形や食べ物といったネイティブの幼児が最初に覚える英単語が覚えられます。ゲームのディレクションに沿ううちに”Find” “Spy” “Sort”といった動詞にも自然と反応できるようになるのがいいですね! まだ学習を始めたばかりのお子さんにはTimmy’s First Words in EnglishとTimmy’s Learning New Skillsが、文字が読めるようになったお子さんにはTimmy’s Starting to Readがおすすめです。

アルファベットをマスター!① ABC Goobee

紹介動画はこちら↓
https://youtu.be/8Ib24kgV9h4

 

GooBeeというねぎのような(?)不思議な形のキャラクターと一緒に、アルファベットや初歩的な単語に慣れ親しんでいくことができます。最初はアルファベットをなぞったり、探したりするゲームから始めて、徐々に抜けているアルファベットを埋めて単語を完成させるゲームに移っていくと良いでしょう。特徴的なのは、表示するアルファベットを大文字か小文字か設定できることです。一般的な英語テキストや単語カードでは大文字を目にする機会が多いですが、実生活では小文字を読み書きする頻度の方が圧倒的に高いと言えます。大文字と小文字、満遍なくマスターできるように頑張りましょう!

アルファベットをマスター!② EdukittyABC

紹介動画はこちら↓
https://youtu.be/J9xQZR1ppYM

 

アルファベットの大文字と小文字(Aとa、Bとb)を繋いだり、天繋ぎの要領でアルファベットを順になぞってイラストを完成させたりと、遊びながらアルファベットの形に慣れ親しんでいくことができます。そしてアルファベットの学習が進んだら、デジタル版フラッシュカードや、神経衰弱で遊びながら単語も覚えていきましょう。無料で遊べるコンテンツが比較的多く、数あるアプリの中でも良心的と言えるでしょう!

これが全部無料は驚き!Khan Academy Kids

紹介動画はこちら↓
https://youtu.be/c9WZchczdXY

 

カーンアカデミーが配信する子供用の無料英語学習アプリです。日本での知名度は高いとは言えないものの、まさに知っているか、知らないかでおうち学習が格段に変わってくる超充実した優良アプリと言えるでしょう。アルファベットの読み書きはもちろん、数字や色や形といった未就学児が身に付けたい単語を、クリエイティブな英語のコンテンツを通じて学習できます。歌の途中でナレーションが止まって質問を投げかけてくるなど、インタラクティブに学習できる仕組みになっている点も評価できます。ただし、ナレーションが少し速く初心者さんには聞き取りづらい印象を受けますので、ネイティブのスピーキングスピードに慣れてきた頃に活用されるとより学習内容の理解が深まるでしょう。

 

いかがでしたか?正直に申し上げて無料アプリにそこまで期待していなかった事務局スタッフも、趣向を凝らしたアプリの数々に驚きでした!これならお子さんも飽きずに楽しんで英語学習に取り組んでくれることでしょう。
一方で、小さなお子さんに長時間アプリで遊ばせることに抵抗のあるお父さんお母さんも多いと思います。その場合は、5分〜15分間と時間を限って取り組んでもらうのも一案です。短時間であれば、お子さんの集中力が続くうちに効率的に学習を行うことができます。
また、ぜひおすすめしたいのはアプリを起動している間、お父さんお母さんがお子さんの顔を見ながら英単語を口に出すことです。実は、画面越しの音声ではなく、お父さんお母さんが語り掛ける言葉の方が外国語の吸収率を助けるという研究結果も出ています。
アプリで知っておきたい単語のラインナップを知りつつ、お父さんお母さんが英語で話しかけてあげるスタイルがとれればより高い学習効果を感じられることでしょう。

 

 

カードゲーム感覚でフラッシュカードを活用しよう!おすすめ4選

フラッシュカードの使い方は、ただイラストをめくって単語を覚えるだけではありません!神経衰弱のように同じカテゴリーの単語を見つける競争をしたり、お家の中に隠されたカードを探したり、お父さんお母さんパパママが出すヒントを聞いてすばやくカードを取ったりと、活用方法は無限大です。優良なフラッシュカードがネットで1000円以内で購入できますし、SNSでネイティブが投稿している無料のフラッシュカードを探すのも楽しいですよ。ぜひクリエイティブなゲームをお子さんと考案して、英単語を自分のものにしていってほしいなと思います。ここからは、おすすめのフラッシュカードを4つご紹介します。有料のものについてはAmazonの購入先リンクも掲載しております。

Pre-K Ready for School (Flash Kids Flash Cards社)

https://www.amazon.co.jp/Ready-School-Flash-Kids-Cards/dp/1411434897

 

なんと86枚のカードがワンコインで買えます!Pre-KとはPre-Kindergartenの略で幼稚園通学以前の年齢を指しますので、はじめてのフラッシュカードにもおすすめ。まずはアルファベット、形、色、数字といった基本的な単語を覚えて、お子さんの自信をつけてあげましょう!

ポケットフラッシュカード Picture Words(トレンド社)

https://www.amazon.co.jp/トレンド-フラッシュカード-写真で学ぶことば-英単語-カードゲーム/dp/B000KIFXPO

 

初歩的な単語が覚えられたら、今度は身の回りのアイテムを英語で言えるようになりましょう。このフラッシュカードは洋服、キッチンやリビングにあるもの、学校にあるものなど53の基本単語が格納されています。また、カードを使ったストーリーテリング(自分で物語を作って披露する)など5通りの遊び方も紹介されているので、参考にしたいですね。

【無料】ちびむすドリル 英語絵カード

https://happylilac.net/card.html

 

「ちびむすドリル」とは、幼児の知育コンテンツ、小・中学生の学習教材や、プリントアウトできるカレンダーなど、日々の暮らしに役立つコンテンツを手作りして無料公開しているウェブサイトです。 代表の内田美花さんが、ご自身の子どもたちを育てている中で、「こんな教材やコンテンツがすぐに簡単に手に入ったら便利だな」と思ったものを作ってサイトで公開し始めたきっかけとのこと。
参考:ご利用ガイド 【 ちびむすドリル グループサイト 】
引用元URL:https://happylilac.net/zikosyoukai.html#1
そんな内田さんの想いも感じつつ…無料の単語カードをダウンロードさせて頂きましょう!
生き物や乗り物、体のパーツといったベーシックな名詞から、最初に覚えたい形容詞や気持ちの表現まで200枚近く掲載されています。プリントアウトして、透けないよう裏面に画用紙を貼ってから切り離すのがおすすめです。英単語を口に出しながらお子さんに作業を手伝ってもらえば、一石二鳥ですね!

【裏技!? 無料】Pinterestでフラッシュカードを検索

 

最後にご紹介したいのは裏技とも言える方法です。Pinterestを使ってネイティブが作った無料のフラッシュカードを探してダウンロードしてみましょう。Pinterestで” flashcards for toddlers free”、“flashcards free printable kids”といったワードを入力して検索してみると、ネイティブのママさんや先生が作成したフラッシュカードがたくさん掲載されています。画像をクリックしてオリジナルのウェブサイトに移動し、カードをダウンロードさせてもらいましょう。ここで知っておきたいポイントが2つあります。

 

1. ダウンロードボタンの場所が非常に分かりづらい場合があります。ページの最下部に目立たず設置されていたり、実際にはボタンではなく“Download 〇〇(ファイル名) Here!”という文字を押すとダウンロードされる仕組みになっていたり…。サイトを閲覧する際は、ページ全体が見えるようパソコンを使って、落ち着いて作業されることをおすすめします!

 

2.ウェブサイトの中には、メールマガジンに登録しなければダウンロードできないサイトもあります。メールマガジンを受信するのが煩わしいという方は、誰でもダウンロード可能なウェブサイトを使用するようにしてくださいね。

 

いかがでしたか?外出制限が解除された後は、実際に大型書店や洋書を取り扱っている書店でフラッシュカードを手に取って見てみるのもおすすめです。お子様に好きなテイストのフラッシュカードを選んでもらうのも長く遊んでもらえそうですね。ぜひご自宅にひとつフラッシュカードを用意して、お子さんとのふれあいの時間に活用してみてください!

 


 

結論
いかがでしたか?何度も同じ英単語に触れるうちに、ある日お子さんが自分で口ずさんでいた!なんてことは珍しくありません。ぜひデジタルとアナログ両方のツールを活用して、英単語を繰り返し見聞きする習慣をつけていただきたいと思います。更には、デジタル画面やカードに書かれている英単語とリアルな世界をきちんと結び付けられることも大切です。お父さんお母さんパパママは実物をお子さんに見せたり触らせたりしながら、”It’s a 〇〇.”, “They are 〇〇s.”と語り掛けてあげましょうね。

今までお子さんと英語を学習する余裕がなかった方も、このステイホーム習慣にぜひ英単語から取り組んでみてはいかがでしょうか。分かる英語の言葉が増えた!という自信が、今後のお子さまの英語学習のモチベーションに繋がっていってくれることでしょう。